hhhh老子无肉不欢

定制品-RADWIMPS

#以小酒窝的视角听这首歌简直了(泪目

#感觉是小酒窝成佛之后又转世为人,然后转世途中遇到了师匠。。

#最后一句!!!

きっと仆は寻ねられたんだろう 

【我一定被询问过了】

生まれる前どこかの谁かに 

【还没出生前就被某处的谁询问过了】

"未来と過去どちらか一つを

【"未来"和"过去"的中一个】

見れるようにしてあげるからさ

【我可以让你看见其一】

どっちがいい"

【你要看哪个】

"どっちがいい"

【你要看哪个】

そして僕は過去を選んだんだろう

【然后我准是选了’过去"了吧】

強い人より優しい人に

【比起坚强的人 还是选温柔的人吧】

なれるように なれますようにと

【我要变成那样的人 希望变成那样的人】

想い出って何だか分かるように

【然后让我不觉中能理解回忆这东西】

続けて誰かさんは僕に言う

【时候那个"谁"又跟我说了】

"腕も足も口も耳も眼も

【手、足、口、耳、目 】

心臓もおっぱいも鼻の穴も

【心脏、胸、外加鼻孔】

二つずつつけてあげるからね

【我都成双的配给你】

いいでしょう"

【你觉得如何】

"いいでしょう"

【你觉得如何】

だけど僕はお願いしたんだよ

【可是我提出了我的意愿】

"口は一つだけでいいです"と

【嘴巴一个就够了】

僕が一人でケンカしないように

【为了不让我一个人吵起架来】

一人とだけキスができるように

【为了让我只能和一个人接吻】

忘れたい でも忘れない

【想忘记 却忘不掉】

こんな想いを何と呼ぶのかい

【这种心情该叫做什么呢】

少し不機嫌な顔のその人は

【显露出些不高兴的那个"谁"】

また仕方なく話し始めた

【无奈又开起口来】

"一番大事な心臓はさ

【最重要的心脏哟】

両胸につけてあげるからね

【我会给你一边一个的啦】

いいでしょう"

【你觉得如何】

"いいでしょう"

【你觉得如何】

またまた僕はお願いしたんだ

【我又提出我的意愿了】

"恐れ入りますがこの僕は

【不好意思啊】

右側の心臓はいりません

【我不需要右边的心脏】

わがままばかり言ってすいません"

【尽是些无理要求 麻烦您了啊】

僕に大切な人ができて

【当我有了那个重要的人时】

その子抱きしめる時はじめて

【最初拥抱那人时】

二つの鼓動がちゃんと胸の

【会深刻感觉到】

両側でなるのが分かるように

【那两个跳动它们各分两侧】

左は僕ので右は君の

【左边是我的 那右边就是你的】

左は君ので右は僕の

【左边是你的 那右边就是我的】

一人じゃどこか欠けてるように

【一个人的时候就总觉得缺点什么】

一人など生きてかないように

【一个人无法独自生活下去】

忘れたいでも忘れない

【想忘记 却忘不掉】

こんな想いをなんと呼ぶのかい

【这种心情该叫做什么呢】

胸が騒がしい でも懐かしい

【胸中在骚动 不过这感觉很怀念】

こんな想いをなんと呼ぶのかい

【这种心情该叫做什么呢】

"そう言えば 最後にもう一つだけ

【说回来 最后还有一个事儿】

涙もオプションですけようか

【眼泪也当掉它吧】

なくても全然支障はないけど

【有说没有它也没影响什么】

面倒だからってつけない人もいるよ

【有却会很麻烦的哦】

どうする"

【作何处理】

"どうする"

【作何处理】

そして僕はお願いしたんだよ

【之后我提出了自己的意愿】

強い人より優しい人に

【比起坚强的人 还是选温柔的人吧】

なれるように なれますように

【我要变成那样的人 希望变成那样的人】

大切って何だか分かるように

【然后让我不觉中能理解珍贵这东西】

"じゃあ ちなみに涙の味だけども

【那么 顺便问一句 眼泪的味道】

君の好きな味を選んでよ

【可以按照你的喜好来选择哟】

すっぱくしたり 塩っぱくしたり

【有时酸 有时咸】

辛くしたり 甘くしたり

【有时辣 有时甜】

どれでも好きなのを選んでよ

【怎样都可以按喜好选哦】

どれがいい"

【你喜欢哪个】

"どれがいい"

【你喜欢哪个】

"望み通り全てが

【我的全部意愿】

叶えられているでしょう

【都可以实现没错吧】

だから涙に暮れる

【那就让我每日以泪洗面吧】

その顔をちゃんと見せてよ

【让我能好好看清那样的脸】

さぁ 誇らしげに見せてよ"

【来吧 让我好好看清楚吧 】

"本当にありがとうございました

【真的 谢谢了】

いろいろとお手数をかけました 

【让你费了不少事儿】

最後に一つだけいいですか

【最后只有一件事儿了】

どっかでお会いしたことありますか"

【我在哪里见过你吗?】

END

评论(19)
热度(22)
©火因 | Powered by LOFTER